読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#忘れんとこ思て

日々の備忘録的なブログです。

渋谷からたった20分の等々力渓谷の自然がマジで素晴らしすぎた

SPONSORED LINK

 

f:id:n8comk:20160608054945j:plain

どうも、ナオタカです!

6月4日(土)に渋谷から20分で行けてしまう(片道200円!)世田谷区にある「等々力渓谷」に行ってきました。東京23区内で唯一の渓谷らしく、予想以上に自然豊かで、かな~~り癒やされてしまったので備忘録も兼ねてご紹介します。結論からいうと、かなりおすすめなスポットです!ぜひ遊びに行ってみてください。

等々力渓谷の入り口までの行き方

渋谷駅から東横線で自由が丘駅に行き、そこから東急大井戸線に乗り換え等々力駅へ。等々力駅から等々力渓谷の入り口までは↓の画像を参考に。「成城石井 等々力店」というスーパーマーケットが目印です!

f:id:n8comk:20160608055733p:plain

入り口に到着すると、入り口の横に案内板があります。

f:id:n8comk:20160608054832j:plain

入り口はこんな感じでした。

f:id:n8comk:20160608054955j:plain

 

いざ、等々力渓谷へ!

一歩足を踏み入れてみると、予想以上に自然豊かでびっくり!しかもこの日、外はそれなりに暑かったんですが、自然に囲まれているおかげか渓谷に入るととても涼しく、何時間でもいれるなと感じたのが正直な感想。まじで居心地のよさハンパない。

f:id:n8comk:20160608054937j:plain

f:id:n8comk:20160608055006j:plain

f:id:n8comk:20160608055052j:plain

f:id:n8comk:20160608055105j:plain

f:id:n8comk:20160608055118j:plain

f:id:n8comk:20160608055149j:plain

辺り一面の花が咲いているところも!(花の名前なんやったっけなぁ...)

f:id:n8comk:20160608054924j:plain

 

等々力渓谷でランチも可能

f:id:n8comk:20160608054917j:plain

道中にOTTO(オット)というイタリアンレストランがありました。等々力渓谷に来る直前に腹ごしらえをしたので今回は立ち寄りませんでしたが、おしゃれなイタリアンを食べながら渓谷の新緑を堪能するのも味わい深いものがあっていいかもしれない!

tabelog.com

 

いざ、境内へ。

f:id:n8comk:20160608055249j:plain

f:id:n8comk:20160608055305j:plain

境内の感想はなし。普通でした。境内のお賽銭箱の横にある坂を降りてすぐのところで撮れた写真が一番のお気に入り。たまらん。

f:id:n8comk:20160608054945j:plain

境内まで来るとそろそろ折り返し地点でした。境内の中にある売店のまんじゅうを食べながら辺りを散策して、iPhoneでパシャパシャ写真を撮りつつ、入り口に戻りました。

 

まとめ

東京23区内にこんな素晴らしい自然スポットがあることを上京して3年目に知るなんて。もっと早くに知りたかったー!渋谷から20分と都心からすぐ近くなので、ぜひ行ってみてください。最高に居心地がよく心が洗われます。デートにもおすすめ!(時期によったら虫よけスプレーはあったほうがいいかも?)

ちなみに、公式サイト曰く

2~3月は梅、4月には桜が見ごろを迎え、5月になると新緑が爽やかな季節となり、秋はイロハモミジが紅く色づき、四季折々の多彩な表情を楽しむことができます。

出典:等々力渓谷/東京の観光公式サイトGO TOKYO

とのこと。「へぇ~そうなんや~!」と思ってググってみたら出てきた画像がコチラ。

http://art2.photozou.jp/pub/817/114817/photo/15885597.jpg

出典:等々力渓谷の紅葉をHDR化

綺麗すぎるやろ。秋もまた、紅葉を見るために等々力渓谷に行くしかない。

 

アクセス

住所:東京都世田谷区等々力1-22、2-37~38
交通:東急大井町線「等々力」駅より徒歩約5分
詳細:等々力渓谷/東京の観光公式サイトGO TOKYO